法人化

法人化した上で、事業の展開を考えることも、

効率的な事業運営には必要不可欠です。法人化

にあたっては、どのようなタイミングで法人化

すればよいか、法人化に伴う手続きについて、

何をどのようにいつまでに実施すれば良いかを

検討することが大切です。また、営利法人であ

る株式会社にするか、非営利法人である一般社

団法人あるいはNPO法人にするかといった選択

にとどまらず、今後の事業展開にあわせて、ど

のように組織化していくべきかということを、

いままでの事業運営を振り返りながら検討して

いく姿勢も大切です。行政書士は、第三者の立

場に立ちながらお客様目線で仕事をすることが

役割の一つですから、法人化のための支援をす

る上でも重要な役割を果たすことができるとい

えます。