墓じまい

墓じまいとは何か

お墓が遠方にあり、若い時とは異なり行く機会がなく

なったとか、自分の代でお墓を守る親族がいなくなっ

てしまうなどの事情で、お墓を整理することがありま

す。それが墓じまいです。お墓は、守る人がいなくな

ると無縁仏として放置されることになります。その前

にご先祖様のご恩に報いるためにも、墓じまいを行う

ことは家族としての大切な役割の一つといえます。

その方法と手続き

墓じまいにあたっては、現在のお墓の墓石を撤去し、

お墓の区画をお寺さんや墓地の設営者に返還します。

その際、お寺さんや墓地の設営者から、一定のご供養

や金銭が求められることがあります。お墓から、ご先

祖様の遺骨を取り出したり、お墓をなくしたりする作

業をする必要があるためです。通常は、取り出した遺

骨を、永代供養のための施設に移すことにより、墓じ

まいを完了させます。このような墓じまいは墓埋法上

「改葬」にあたるため市区町村長の許可を得る必要が

あります。

他方、ご供養のために散骨をするという方法による墓

じまいも考えられます。この場合は、改葬にはあたら

ず市区町村長の許可は必要ありませんが、散骨の方法

が相当か否かが問われますので行政への確認が必要に

なります。

行政書士の役割

墓じまいは、ご先祖様への敬愛の思いのもとに行われ

るものであり、滞りなく行いたいものです。ところが

一定の行政手続が必要になる場合があるほか、お寺や

共同墓地の管理者から負担の大きい手続を求められる

こともあります。また、トラブルが生じると、解決ま

でに長い時間がかかってしまうことも考えられます。

行政書士は、お客様の現在のお墓があるお寺さんや墓

地の設営者との適切なやり取りを通じて、墓じまいに

関する手続を円滑に実施することのお役に立ちます。