家族信託

家族信託とは何か

家族信託とは、信頼できる第三者に、形式的に

お金や不動産といった財産の名義を移転し、そ

の管理や運用をゆだね、家族のために財産の活

用を図るものです。家族信託は、いま、高齢社

会が進展する中で、財産の活用方法の一つとし

て注目をあびています。とくに、将来の相続の

ことや高齢化により体力や精神力が衰えてきた

ときの暮らしのことを考えるにあたって、家族

信託が効果的か否かを検討することは、重要な

ことであるといえます。それは家族信託が、従

来の制度では対応することができなかった財産

の活用をもたらす可能性のある法制度だからで

す。

メリットその1

遺言書作成のみでは対応できない財産の承継を

可能にし、一代限りではなく、数代に渡る財産

の承継をも可能にします。

たとえば、①配偶者には財産承継をさせるもの

の、配偶者亡き後は自らの実子に財産承継をさ

せたい、②子どもの配偶者に相続されることな

く、直系の子供たちや孫たちだけに財産承継を

させたい、③知的障害のある子に財産承継をさ

せるものの、その子が亡き後は別の親族に財産

承継させたいといったケースで、家族信託を活

用することができます。

メリットその2

後見制度の利用のみでは対応できない財産の活

用を可能にし、関係者の利益になるよう財産の

運用方法をあらかじめ決めておくことができま

す。

後見制度は、本人の権利を擁護するための制度

ですので、財産の活用は、本人の生活や療養看

護のために行われなければいけません。しかし

家族信託の場合は、本人の生活や療養看護とい

ったことに限定されずに、信託目的に沿った財

産の活用を可能にします。

たとえば、①親の高齢化により、財産管理に不

安がある子どもの面倒をみられなくなってしま

うことに備えたい、②高齢化により認知症配偶

者の支援が難しくなってしまうことに備えたい

③自社株を保有する社長が相続対策や事業承継

に備えたい、④不動産をリフォームして財産の

活用ができるようにしておきたいといったケー

スで、家族信託を活用できます。