暮らしのトラブル

暮らしのトラブルの解決にあたっては、トラブ

ルになっている相手方と契約関係があるか否か

を検討することが大切です。契約関係がある場

合は、その枠組みのなかで問題解決を図る方法

を考えます。これに対して、契約関係がない場

合は、トラブルの社会的意義を検討することが

重要になってきます。単なる迷惑行為にすぎな

いのか、行政機関や司法機関を通じた解決を必

要とする性格を有するものなのか、その見極め

が大切です。当行政書士事務所は、丁寧なヒア

リングによりトラブルの原因をさぐり、問題の

本質を知ることを通じて、お客様に安心感を得

ていただくことをモットーにしております。