遺言書作成

遺言書の作成支援

遺産分割協議において、家族間で相続に関する争いが

生じると、相続手続は円滑にはすすみません。相続に

関する争いを防ぐためには、遺言書を作成しあらかじ

め自分の財産を誰にどれだけ相続させるかということ

を決めておくことが大切です。遺言書を書き記すこと

によって、家族間の無用な争いを避け、家族ひとり一

人が、これからの自分の人生を楽しむことができるよ

う配慮することも先に生きる人々の役割なのかもしれ

ません。行政書士は、遺言書の内容が、遺言者の思い

を実現するものになっているかどうかを法律的に確認

し、家族間で争いが生じない遺言書になり得るよう支

援いたします。

平成32年7月10日より施行される遺言書保管法により

保管制度を利用できる自筆証書遺言という新しい遺言

書が登場し、公正証書遺言に代わり得るのものとして

期待されています。新しい遺言書は、公正証書遺言よ

りも費用の点で経済的で、裁判所による検認手続きも

不要で、遺言の方式に関して、担当官が確認すること

から一定程度、遺言の効力も確保されています。

また、自筆証書遺言は、平成31年1月13日より、全文

自筆要件が緩和され、添付書面となる財産目録に関し

ては、各頁に署名・押印があれば、自筆によらなくと

も効力が認められることになりました。

手続負担や費用負担が少なく、より多くの人々が利用

しやすい自筆証書遺言の作成支援を通じて、無用な家

族間での争いを事前に回避し、安心して暮らせる毎日

に貢献することが行政書士の役割です。(自筆証書遺言

の作成支援をご依頼いただいた方は、書き直しの支援

を相談料のみでご依頼いただけます)

遺言執行

現在、準備中です。