遺言書作成

遺言書の作成支援

遺産分割協議において、家族間で相続に関する

もめごとが生じると、相続手続は円滑にはすす

みません。相続に関するもめごとを防ぐために

は、遺言書を作成し、あらかじめ自分の財産を

誰にどれだけ相続させるかということを決めて

おくことが大切です。

遺言書は、亡くなった後に、相続人が遺言者の

思いを改めて確認することを可能にするもので

あり、相続をきっかけとして良好な家族関係を

築くことを可能にするものでもあります。

遺言書で記載することができる相続人に対する

ラストメッセージともなる付言事項は、相続人

への本当の思いを伝えることができる大切な場

です。行政書士は、お客様の身近にいる法律家

としてお客様の思いを的確に把握し、遺言書作

成の支援を致しますので、本当の思いを遺言書

に書き記すためのお役に立ちます。

平成32年7月10日より施行される遺言書保管法

により、自筆証書遺言も公的な機関で保管され

る制度がつくられました。遺言者の思いが法律

的に間違いなく効果が生じるかということを確

認するとともに、保管制度を利用することを通

じて、遺言者の本当の思いを相続人へ伝えてい

くことが行政書士の役割です。従来、信用性が

高く安心感のあった公正証書遺言に代わる制度

として期待されています。公証人による手続き

をお望みの方には、従来の公正証書遺言の作成

支援のご対応も致します。

遺言執行

現在、準備中です。