建設

建設業許可とは

建設業法は、建設工事の適正な施行を確保し発注者を

保護するために、一定の規模以上の工事に関しては、

一定の基準を満たしている施工業者のみが実施できる

という許可制度を採用しています。これが建設業許可

といわれるものです。

建設業法においては請負金額500万円以上の工事(建

築一式工事については1,500万円以上の工事、木造住

宅工事については延べ面積が150㎡以上の工事)を請

負施工するには、建設業許可を取得していなければな

らないことが定められています。

建設業と行政手続

現在、準備中です。